乗用車の廃車の手続きや注意点について

廃車は所有者によって登録が抹消された車両を指します。

乗用車の場合、主に走行距離や年式、事故などの理由で手続きが行われることが多く、廃車となった車両は部品の採取やスクラップ処理などを施されるのが一般的です。
また、外国への輸出や金属回収の目的で廃車の買取を行う業者も存在します。



日本では大きく分けて乗用車と軽自動車の二種類の車両が存在しているので、廃車の手続きもそれぞれの車両で異なります。



そのため、手続きを行う際には専門の窓口で詳細を確認することが大切です。



手続きは正確な田淳に基づいて行わないと時間がかかってしまうので注意が必要です。現在では車両の製造技術が進んだことにより性能が上がり、走行距離が嵩んでも影響が少ない車両が増加しています。



その一方で年式が古くなったことにより修理用の部品の入手が困難になることや、現在の安全基準を満たしていないなどの理由で車両を廃車にするケースが増加しています。
また、事故に遭った際に修理費用と新しい車両の買い替えの費用の釣り合いが取れない場合でも車両の廃棄を選択するケースがあります。



乗用車は安全性を最優先することが大切なので、所有している車両に不具合が生じた場合は速やかに修理を行う必要があります。



その際、部品の入手が不可能であったり、車両の走行性能が大きく低下している場合は安全の確保が難しくなることから、車両の登録を抹消して新しい車両に買い替える選択肢もあります。

関連リンク

自分で廃車を行う場合の手続き


既に解体されている車両や災害によって使えなくなった車を廃車にするためには一定の手続きが必要です。この手続きは自分でも行うことができます。...

廃車に必要な費用は実質ゼロ


廃車は直接解体業者に車を持ち込むことも可能で、その際に必要になる費用というものがあります。どうせ費用が掛かるなら、ディーラーや中古車販売の会社で廃車の手続きをお願いするのと一緒ではと考えたり、結局はお金がかかるのかといぶかしく思う向きもあるかもしれませんが、大した額ではないのです。...