交通事故の賠償に弁護士の心強い参入

交通事故において、その損害賠償は金額換算されて貨幣によってなされることになります。


この金額換算の際に賠償額を支払う側、受け取る側で主張が異なってなかなか交渉が上手く進まない事があります。
「自動車保険に加入しているから保険会社が交渉してくれる」と思われる方も多いだろうと思います。

確かに自動車対自動車の交通事故の場合、互いが加入している保険会社同士が、賠償額やその他のことについても交渉する事が一般ではあります。
しかし、これは互いに落ち度がある場合で、互いの保険会社が賠償金を支払う場合に限られます。一方に全く落ち度がない場合には、その落ち度がない側は賠償金を支払う事がありません。

交通事故の完全限定情報となります。
多くの人が交通事故を評価しています。
そのために、保険会社にとっても保険金の支払いが生じることがないので、保険会社は当事者としての立場が認められず、保険契約者のために交渉することが法律上認められなくなるからです。

法律事件の法律上の行為は、弁護士にしか認められていないためなのですが、結果として交通事故で落ち度のない側は、自分自身で交通事故の相手が加入している保険会社との交渉をしなければならないことが多くあります。

参考までに一方に落ち度が全くない交通事故の例としては、追突事故の多くが該当することになります。つまり、追突事故の被害者になった場合が典型的な例となります。


この際の交通事故の相手方の保険会社は、極力保険金支払いを少なくしようというスタンスで交渉してくる事が多いので気をつけなければなりません。

追突されたあなたの自動車が修理不能である場合、その自動車の価値そのものが金額換算されて、賠償額として交通事故の相手方の保険会社から保険金として支払われることになるのですが、この提示額が少なく感じた場合には、ご自身でその市場相場を調べてみるようにしましょう。
インターネットの中古車サイトを利用してみれば、現実的な自動車の中古車相場が把握可能です。

交通事故の賠償額交渉に際しては、ただ漠然と「少ない」と主張するだけでは、なかなか交渉は困難です。根拠となる資料を自分なりに用意する事が重要です。

交通事故の賠償額について自ら交渉しなければならないということは、一般の方が認識されている以上に現実にありえることなのです。

そのことをまず認識する事が大変重要です。

その上で交渉に臨むことになった場合には、わからないからといって相手の言いなりにはならず、ご自身が納得できるように、しっかり主張すべきは主張して、交渉を行いましょう。

http://www.ehime-ankyou.or.jp/
http://www.nichibenren.or.jp/
http://www.yokohama-ankyo.or.jp/

所沢の弁護士情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

幅広い分野の視点から京都の交通事故情報を厳選して紹介します。

京都の弁護士情報サイトを利用しましょう。

アヴァンス法務事務所の最新情報が知りたい方にはこちらです。

中央区に相続使いやすさが好評です。