自分で廃車を行う場合の手続き

既に解体されている車両や災害によって使えなくなった車を廃車にするためには一定の手続きが必要です。



この手続きは自分でも行うことができます。


廃車と一口にいっても一時的なものもありますが、車両の登録を永久に抹消する廃車手続きについて知っておくことはいずれ役に立つ時がくるでしょう。

この手続きは、陸運支局で行いますが、まず、事前にいくつかの書類を用意しておく必要があります。



まず印鑑証明ですが、これは発行から三か月以内のものが必要です。

所有者と依頼者が違う場合は所有者の実印がある委任状が必要とされていますが、自分で行う場合には不要です。



そしてもちろん車検証は必要です。

さらに、前と後ろのナンバープレートも要ります。

永久抹消の手続きは既に解体が終わっていることが前提ですので、移動報告番号と解体報告記録がなされた日の情報が必要になります。



あとは、手数料を納めた証である手数料納付書と永久抹消登録申請書が必要です。地域によっては自動車税と自動車取得税申告書を求められる場合があるようです。

納付書と申請書は廃車当日に用意すればいいので、それ以外を当日までに揃えておく必要があります。
永久抹消登録申請書の用紙代として100円程度必要です。



自分が使っていた車には愛着があるものでしょう。



業者に任せてしまうことが多いかもしれませんが、愛車の廃車を自分自身でやることによって最後まで面倒を見るという方法も愛車とのお別れの仕方の一つでしょう。

関連リンク

自分で廃車を行う場合の手続き


既に解体されている車両や災害によって使えなくなった車を廃車にするためには一定の手続きが必要です。この手続きは自分でも行うことができます。...

廃車にするメリットとは何か


新しい自動車を購入しようと予定していたり、古くなった自動車を廃棄したい、事故車や故障した車をどうにかしたいと考えた時、買取サービスなどの業者に買い取ってもらう方法以外の処分の方法として廃車にするという方法があります。廃車とは事故車や故障車の状態を連想しやすいですが、実際には登録を抹消することによって公道を走ることが出来ないようにすることを指しています。...